• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

facebookのFBページは何のためにあるのか???-その2-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

おはようございますっ♪

みっきです♪

昨夜、帰り途、

スコールに遭遇。

途中、あるマンションの1階の駐車場に逃げ込み、

雨宿り…。

先客が3名程いましたね。

出先で時間のある時に読もうと

いろいろな書類を持ち歩いているので

自分が濡れるのは構わないが、

大事な書類が雨でやられるのは困ります。

―で、逃げ込んだ駐車場の

一番明るそうな電気の下に行って

持っていた書類を出して

雨が上がるまで読みながらお勉強。

読みモノは、外出先で時間があくと、

電車の中、お昼休み、カフェ、ベンチのあるところ、

あらゆるところで役立ちます。

さて、少し前にfacebookのFBページが

何のためにあるのかということについて書きましたが、

覚えてらっしゃいますか?

忘れた~、読んでない~とおっしゃる方は、

9月11日付の記事を読んでくださいね~♪

今日は、その続きになります。

FBページの参加者を増やすというコトは

あなたの見込み客

作るということなんです。

まず、FBページのURLですが、

25人以上のファンが集まると、


独自のURLを設定できて

検索にもひっかかるようになります。





設定は、以下のユーザーネームの設定で行えます。

◆ユーザーネームの設定↓
 http://www.facebook.com/username/
 

はいっでは

あなたに見込み客ができると、


どんなことが起きるか―についてです。


あなたのファンは、


あなたやあなたの商品について


様々な情報がほしい と思うようになります。






そして、あなたから情報を提供されたり、


交流が深まって信頼してされてくると、


その情報を他の人にも紹介してくれたり、


あなたからサービスや商品を


購入してくれるようになります。





さらに、


そのサービスや商品が気に入って


アフターケアをしっかりと行い、


さらに有益な情報を提供すると

繰り返し何度も購入してくれるようになり、

最終的には

リピート顧客となってくれます。

こうして一過性で終わらないように

見込み客を育てていくと

こうした一連の行動をとってくれます。

では、こうした見込み客の行動が

faceookk上ではどんな風になるのか

また後日、続きを書きますね~♪

ではでは~~~♪

今日も1日がんばりましょう♪

Comments

comments

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ファンページか、、作ってみたいのですが今ひとつ運営方法とか悩みが尽きないです。
    今度教えてください!宜しくお願いします。

  2. みっき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >プリンシパル・マーク|塚越さん
    ファンページは作るのはカンタンなのですが、
    その後が大変…なんですね。
    私はもう何もわかっていない時に2つもつくっちゃって…
    しかも間違った登録方法しちゃってるし、最悪~~~~♪
    そういうことがないように最初よく理解してからの方がいいですね。
    多分そういう機会もありそうですよぉ。
    お楽しみに~♪

  3. SECRET: 0
    PASS:
    書類が濡れるとまずいと言うお気持ち
    書類の専門家としてはよくわかります
    Facebookを始めてみたものの
    どう活用できるかよく解っていませんでした
    みっきさんのブログを拝見して
    そんな風に使えるんだ?と
    認識を新たにいたしました
    ありがとうございます

  4. みっき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >じんぱち@埼玉の"トラブル解決"行政書士さん
    初コメありがとうございます。
    書類の専門家なのですね~♪
    いや~ものすごいことになってました。
    集中豪雨状態。サイキン烈しいですよね。
    じんぱちさんもお気をつけくださいね~♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>