• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

facebook遂にユーザーが5億人超す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

おはようございますっ♪


みっきでございます





facebook遂にユーザーが5億人超す!


昨日、facebook上でこんなニュースを目にしました。


以下、yahooの時事通信によるものです。




【シリコンバレー時事】インターネットの会員制交流サイト(SNS)最大手「フェースブック」を運営するフェースブック(カリフォルニア州)は21日、日本を含む世界の登録者数が5億人を突破したと発表した


同社によると、今年2月の4億人到達以来、半年足らずで新規に1億人以上増えたことになる。

同社のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は声明で「創業時に想像しなかったほど活用術は多様」と手応えを示し、「世界をもっとオープンにし、(個人同士を)結び付ける役に立ちたい」と語った。

業界関係者の間では、数年内に10億人到達の可能性が指摘されている





5億人ですよ~っ♪



4億人を超えてから、


たったの半年間で1億人増えたということです。


ものすごい勢いですねっ。




さらに続き、




進化遂げるSNS、サービス強化=ウェブ活用でグーグルを猛追

【シリコンバレー時事】世界中で登録者4億人に上るインターネットの会員制交流サイト(SNS)最大手、米フェースブックと同1億人で急成長中のミニブログ、ツイッターはこのほど、外部のウェブサイト連携を柱とするサービス強化策を相次ぎ打ち出した。

「仲間内の情報交換に時間を割く」(業界筋)という昨今の潮流に支えられた両社は、グーグルなど既存のネットサービス大手を猛追しており、「顧客基盤の拡大をネット広告収入増に生かす」(アナリスト)考えだ。

 フェースブック、ツイッター両社は4月、サンフランシスコで次世代IT(情報技術)を占う技術者会合をそろって開催。

フェースブックは外部サイトを訪れた会員が気に入った閲覧情報を新設の「Like(ライク)」ボタンでクリックして選ぶと、外部にとどまりながら同じ趣味・嗜好(しこう)を持つ会員をパソコン画面などで表示し交流範囲を広げやすくする新機能「オープングラフ」を発表。

映画や音楽、旅行などの身近な話題で「いつでもどこでも友人がいる世界を作る」(同社幹部)のが狙いだ。

140字以内の「つぶやき」短文をやりとりするツイッター。利用できるのはこれまでグーグルやヤフー、マイクロソフトといった有力サイト画面に限られていた。

同社はこのシステムを、今後は他の企業のサイトなどに幅広く開放すると表明。普及すれば、多機能型携帯電話機に内蔵された全地球測位システム(GPS)で現在地を特定、旅先のイベント情報や周辺飲食店に関する「クチコミ」評価がその場で入手できるという。

 フェースブックの新機能はCNNテレビや映画、音楽などの専門サイトを運営する70社以上が試験的に導入済みといい、IT新世代のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO、25)は先の会合で、個人の関心に的を絞りウェブ活用術を提案できるSNSが「業界標準となる日は近い」と強調した。




ツィッタ-、facebookは


目が離せませんね~♪







ではでは~~~今日も1日


頑張りましょうね~♪



。 

Comments

comments

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    その半年の1億人の中の一人は、僕です(笑)
    でも、全然使いこなせてません…。

  2. みっき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ラッチー@イラストで家を建てましたさん
    はい、私もでしたぁ。
    複雑なんですよね。
    私は最初習うよりも慣れろでいじくりまわしたので
    あとでで使い方を取り違えているコトを知ったりしまして・・・。
    使い方はブログにも少しづつ書いてますが、
    体系的につかめないと思うので、ある程度まとまりましたら、
    無料レポートにまとまめるつもりですよぉ~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>