• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Facebook あなたは、友達申請をどんな風にされてますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

facebook
あなたは、友達申請をどんな風にされてますか?

おはようございます♪
キャプテンみっきです。

先日、FBのニュースフィードを見ていて
こんな投稿を見つけ深く共感してしまいました。

どんな投稿だったかと言うと、
『最近、自己紹介のメッセージのついていない友達申請がぐっと増えてきましたが、
どんな人なのかわからない人に自分がどういう風にしたらいいかわからなくなります。。。

友達申請のときには少なくても、自分がどこのナニベエだかを名乗り、
メッセージをつけるようにしましょう。』

―といったような内容だったかと思いますが、
非常に共感した内容でした。

もし実社会でお友達になりたいなぁと思う人が現れたら、あなたならどうしますか?
まず、そこから考えてみましょう。

相手はあなたのことを知りません。
そんな相手に、あなたはいきなり自己紹介なしに友達になって―と言いますか?
いえ、言えますか?

相手が、『はい喜んで~♪』―と即お友達になってくれると思いますか?

こんなやり方ですと、おもいっきりドン引きされそうと…私なら思ってしまいますが、
あなたはいかが思われますか?

それから、Facebookには『あいさつ』という機能があるのですが、
それを延々と繰り返す方もたまに見かけます。

これも1回2回、様子見で送ってくるのはわかりますが、
ただ延々とあいさつだけを繰り返す。。。
不毛なやり取りに陥ってしまうパターンです。

両方とも人同士なのでいろいろな背景もあり同じようには考えることはできませんが、
1つ言えることは最初、好印象でいかないと第一印象は非常に強いので
なかなか挽回が難しくなるということです。

友達申請は最初が肝心ということですね。

これは「サイレント・スパム」とも命名したいような、
送られてくる方からすると、やはりちょっと対応に困る迷惑行為に
近いものになってしまいます。

FBを長くやっている方や意識が高い方ですと、
こういう申請はまず相手にしてくれませんので、
もしこんな方法で友達申請をされてましたら即刻、改めましょう。

申請が通らないばかりか、あなたの評判を落としかねないからです。
ビジネスでFBを活用したい方ならなおのことです。

友達申請は、人によっては、
あなたが考える程、垣根は低くない場合も大いにあるということです。

―では、どうしたらいいか、
また続きを書きますが、
まずはご自分で考えてみてくださいね。

Comments

comments

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>