• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

岩元貴久さん監訳の『ゲイリーの稼ぎ方』をより理解するための解説動画のご紹介~2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

おはようございますっ♪

みっきです♪

ソーシャルメディアについて


理解するのに最適な本をご紹介しております。

では、今回は、8回のうちの2回目です。

その本は、

岩元貴久さん監訳の『ゲイリーの稼ぎ方』です。

実況ブログ~facebookで行く!2010年メディアミックスの旅

動画で紹介されているamazonキャンペーンは、 

すでに終了していますので、ご了承ください。

★ソーシャルメディア時代の生き方・稼ぎ方 2/9

 http://www.youtube.com/watch?v=HhtJzzE_85w&feature=related

 今の時代、

 人の方がよく見えてしまう、

 隣の芝生が青くみえてしまったりする。 

 機能的、物質的にはそろっているのに、


 自分の満たされていないものに


 フォーカスしてしまいやすい時代。

 幸せや充実感を

 感じにくい時代である。

 しかしそうではないんだ。

 まさに自分がやりたいコト、好きな仕事について


 自分の努力次第では

 

 自分の好きなだけ稼ぐことができる時代になったんだ

 というコトを言っている。

 会社とか小さな中では気の合う人はごく少ない。


 しかし世界の中で気の合う人だけが


 集まっても母体が大きいから、


 それだけのコミュニティだけでも十分生活ができる。 

 好きな仲間の中で

 好きなコトをすることで自分が輝ける。

 しかし、常に勉強して 

 コミュニティで欲している情報を

 すべてアウトプットしていかねばならない。 

 楽しく仕事はできるが


 楽ではない。 


 -ということは覚悟しないといけない。

 しかし好きなコトであれば

 自発的に取り組めるので苦労を苦労と思わずできるようになる。

 自分がわくわくできることをやっていいんだよ~

 という時代なんだというコトを知らせたい。

 そういうコトをしていいよ~

 という許可を自分に与えてほしい。

ーということをお伝えいていますという回でした。

 ではでは~~~~~つづく。

 今夜また更新しますね♪

Comments

comments

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメント

  1. マイマイ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初コメさせて頂きます。
    確かに好きなところで、自分の好きな分野で仕事ができたらいいな~って思いますね。
    今、まさに私がそれを目指していますが、絶対にどこでも「大変さ」はありますよね。
    その大変さで好きなことが「嫌い」にならなければいいなーと思います(笑)
    まずは、自分の目標からですね~

  2. みっき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >マイマイさん
    確かに、好きなコトは好きなコトとして温存しておきたいという気持ちもものすご~くよくわかりマス。
    でもね、何をしてもそれなりに大変ですし、これからの時代は求めれる側は本当に厳しさは増してくると思うので、一番好きなコトで勝負しないと追いつかないかもしれないという感じもしないでもないです。
    それにもし自分の好きなコトで生活のベースができてくると仕事=趣味なので飽きるというコトもないし、本当に好きならば大変でもできちゃう、むしろ大変さを楽しんでできちゃったら…最高ですよね。
    どう転んでも後悔のない人生を送りたいなら、自分に賭けてみるってのもいいんじゃないかなぁ。
    踏ん張りがきかないとしたら、やっぱりあんまり好きなコトじゃないんじゃないかと。我慢しても一生の長さはおんなじですからね。
    …でもまずはじっくりと自分の本当の気持ちが何かを聞いてあげるところからですね♪
    私も実は今メンタル強化が必要ということで師匠と一緒に頑張ってます。
    ひとりは心折れる時にぐちゃっといっちゃう。仲間をつくりましょう。自分と気の合う、志が同じ人をね♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>