• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

◆facebook~実名登録への不安や抵抗について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

◆facebook~実名登録への不安や抵抗について
?■?■?■?■?■?■?■?■?■?■?■?■?■?■?■?■?■?

先の記事でもご説明したとおり、
Facebookは、基本、実名登録です。
Facebookのポリシーとして、実名が推奨されています。

―なので、やはり実社会同様のfacebookでは、
実名登録でやろうという決心をされてから
始めた方がいいかもしれません。

しかし、そうは言っても、うら若きお嬢さま方や少々訳ありの方、あるいは実社会ですでに通っているペンネームの方が便利だという場合もあるでしょう。

では本当に本名でなく別の名前ではダメなのかーという問いに対しては、
自己責任で…という他ありません。
Facebookが実名登録を奨励している以上、判断はFacebook側がしますので、
なんとも言えません。
本名以外でも別に問題なく使っていらっしゃる方はいらっしゃいます。

ひとつご注意頂くポイントとしては、きちんと「姓」と「名」で構成されていること。
アカウントが削除される、要因は主にスパム行為によるものと推測されます。
そういったことを踏まえての実名登録奨励という図式になったかと思いますので、普通に使っていればとくに問題になることはないだろうというのが私の見方です。

それから、Facebookでは、
『変更回数の上限付きで、名前を変えることもできる』のですが、
変更の上限に達すると変更ができなくなりますので、ご注意が必要です。

私も名前の変更が本当にできるのか、記事を書こうと思って、何度か実験をしていたら、ある時をもって変えられなくなってしまいました~。
上限に達したためとかでまったく変えることはできなくなってしまいました。

ただし、Facebook側の名前ポリシーを確認したうえで、名前が間違って拒否されたと思われる場合は、Facebookに知らせることで、あるいは変更される場合もあるようです。

しかし、これも、なりすましを防止するためと考えれば、Facebook内で安心して利用するための措置と考えることができるかと思います。

また実名を使うことの怖さであるとか、知合いなどに検索されて見つかるのを危惧されているような場合、Facebookをまだ使っていない人に対して、検索されないようにする方法はあります。

それは、以下のように、されてください。

****************************************

デフォルトでは、18歳以上のすべてのFacebookユーザーのアカウントに公開検索情報が設定されているので、検索にひっかかるようになっています。

検索エンジンの結果で自分が検索されないようにする場合は、以下のステップを実行してください。1.[プライバシー設定]のメインページの[アプリとウェブサイト]セクションで[設定を編集]リンクをクリックします。
2.[一般検索]まで下にスクロールし、[設定を編集]をクリックします。
3.[一般検索を有効にする]の横にあるボックスをオフにします。このボックスをオフにすると、Facebookをまだ使用していない人があなたを検索できなくなることに注意してください。Facebook内とFacebook外の両方で友達があなたを検索できるようにすると、交流体験がより有意義なものとなる可能性があります。

****************************************

では、相手がすでにFacebookを使っていたらどうするのか…
その場合にはブロックしてください。
ブロックすれば、相手からはあなたページは見えなくなり、アクセスしてくることは一切できなくなるからです。

Facebookでは、あなたは自分の好きな人とだけつながれるように工夫されています。気が進まない相手とは、友達申請を解除することもできます。

Facebookのこうした規定は、利用するユーザー、あなたが快適に利用できるようにしたいという発想でできているというところから理解すると納得できるものではないかと思います。

Comments

comments

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>